行田×加須×羽生で移住セミナーを開催しました

2019年11月2日(土)、東京都のふるさと回帰支援センターで

「きっかけが地酒でもいいんじゃない?!行田×加須×羽生 移住定住促進セミナー」を開催しました。

埼玉県は日本酒出荷量が「全国4位」(2017年度統計)の隠れた酒どころです。

行田×加須×羽生も例外ではなく、地酒作りにかかせない、美味しいお米や麦が採れる自然豊かなまちだということで、ゲストスピーカーに、行田市郷土博物館の学芸員である澤村さんと、キヤッセ羽生職員の松本さんをお迎えし、江戸時代~現代までの酒造りとそのこだわりについてお話ししていただきました。

三市の紹介と相談会も行われ、参加者から「終の棲家を探しているので、相談員と直接話せたのが良かった。」「お酒を飲めない人でも歴史の勉強になるセミナーだった」とご感想をいただきました。